ホンダの新型思域ハッチバック車は6月23日、英国の工場で生産しないと発表した。

本田新款思域掀背车6月23日发布 将不在英国工厂生产

北京時間6月10日、海外メディアの報道によると、新世代の3つの乗用車が米国で世界初の発売を行った後、同社は今月23日、車ファンに人気のあるハッチバック車(hatchback)がオンラインで2022台のハッチバック車のグローバル発表会を行うことを明らかにした。また、次世代モデルは6速手動変速機装置を引き続き提供することを確認した。同時に、次世代のハッチバック車は英国の工場で生産されず、同社が米国インディアナ州グリーンバーグにある工場で生産される。

(2022モデル思域ハッチバック)

ホンダが発表した予告編は大まかな輪郭しか見えず、業界内では次世代乗用車の設計が続くと推測されている。肝心な違いは後半のB柱で、ハッチバック車の後部座席空間と荷物倉空間に対する要求が異なるためだ。

動力面では、次世代の思域ハッチバック車はピーク出力180馬力の1.5リットル直列4気筒エンジンを標準配置とする見通しで、2022モデルの思域乗用車のオプションの一つでもあるが、この車のこれまでの基礎配置2.0リットル直列4気筒エンジンはここでは現れない見通しだ。エントリーレベルLX、ハイエンドEX、およびリード版Sportが発売されます。手動変速機のほか、ホンダは無段変速機をオプションで提供する。

また、ハッチバックの発売に続き、高性能版SiやType Rも期待できる。業界アナリストの予測によると、Type Rはハッチバック車として発売される可能性が高いが、Siは標準版乗用車として発売される。

  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。